見直しの際の注意点

保険の種類や加入時期によっては、配当金のような種類のお金や解約金が多く貯まっているものがあります。見直しで気を付けたいことの一つに、見直しをするとこれらの貯まったお金が下取りされてしまうということがあります。つまり、配当金の類について言えば、この種のものは契約に影響を及ぼさずいつでも引き出せるお金のはずですが、保険を見直しすことで引き出そうにも全くなくなってしまうというとこです。

また解約金については、これは解約しない限り手にすることのできないお金ですが、万一まとまったお金が必要になってやむなく保険を解約しても解約金が全くなくなっているか、大幅に減っているということになります。どちらになるかは保険会社によって異なると思いますので確認が必要な点です。

もう一つ見直しの際の注意点は、もしもその時治療中の病気が有ったり、完治はしたものの、まだそれほど時間が経っていないというような場合、その病気での入院や手術には保険金が下りないということが生じたり、加入はできるが掛け金が基本料金より高くなる、最悪その病気の種類によっては保険に加入できないということが起きます。従って他社加入という見直しの場合は契約が成立するまで今の契約を解約しないことが鉄則です。