「未分類」カテゴリーアーカイブ

良い保険を選ぼう!

今や保険会社も生命保険の種類も大変多いです。また種類は同じでも保険会社の規模や業績によって掛け金にも大きく差が出ます。では良い保険とはどんなものか、或いはどんなことに注意すれば良い保険選びができるのかについて考えてみましょう。

最近では「様々な保険会社の様々な生命保険をお客様のニーズを聞いて中立の立場で選んでくれる」と思われている業種があります。保険はものとして手にすることもできないし病気にならなければただお金を捨てているようにも感じられ、そういう思いからか、結局保険の外交員は客のことより自分の儲けになる保険を進めるのではないかと不安感や不信感が拭い切れない人の場合、先の、生命保険の相談に乗ってくれる会社がとても頼もしい存在となってきます。

保険の相談窓口では、ファイナンシャルプランナーが保険について適切なアドバイスをしてくれます。より最適な生命保険がないかどうかや、保険料を抑えることができないかなどを見直すことができます。

また、最近では無料で相談ができることが多いため、気軽に保険見直しができるようになっています。相談方法も窓口への来店や自宅や近くの喫茶店などへの訪問も選べるようになっているため、まずは生命保険見直し相談だけでもしてみるといいでしょう。

見直しの際の注意点

保険の種類や加入時期によっては、配当金のような種類のお金や解約金が多く貯まっているものがあります。見直しで気を付けたいことの一つに、見直しをするとこれらの貯まったお金が下取りされてしまうということがあります。つまり、配当金の類について言えば、この種のものは契約に影響を及ぼさずいつでも引き出せるお金のはずですが、保険を見直しすことで引き出そうにも全くなくなってしまうというとこです。

また解約金については、これは解約しない限り手にすることのできないお金ですが、万一まとまったお金が必要になってやむなく保険を解約しても解約金が全くなくなっているか、大幅に減っているということになります。どちらになるかは保険会社によって異なると思いますので確認が必要な点です。

もう一つ見直しの際の注意点は、もしもその時治療中の病気が有ったり、完治はしたものの、まだそれほど時間が経っていないというような場合、その病気での入院や手術には保険金が下りないということが生じたり、加入はできるが掛け金が基本料金より高くなる、最悪その病気の種類によっては保険に加入できないということが起きます。従って他社加入という見直しの場合は契約が成立するまで今の契約を解約しないことが鉄則です。

見直しのメリットは?

「保険の見直しのメリット」について、まず考えてみましょう。見直しのきっかけ、即ち、見直さなければならない理由、見直しを進められる理由として考えられることは、第1に現在加入している保険が古いということではないでしょうか。何との比較で保険が古いと判断されるのかと言えば、それは医療の進歩にほかなりません。

例えば、開腹手術が極めて少なくなり、心臓に施す手術や血管の手術など素人には繊細で難しいと思われる手術でも、カテーテルで短時間に、少ない負担で済んでしまうようになりました。このことは即ち入院期間も2、3日なったことを意味します。それなのに昔のままの5日以上や20日以上入院しないと保険金がおりないという保険では保険に入っていないのと同じです。

また進歩した医療は、大きな病気も大金はかかるかもしれませんが、治してくれます。第2に加入者の環境や立場が変わったということです。つまり結婚した、第1子が生まれた、子供が増えた、などです。そのような場合、万一自分が大病にかかった場合、治ったとしても収入が減るか全くなくなるかします。ましてや死亡したら家族を路頭に迷わせてしまします。

このようなことは保険を今の医療に追いつくものに見直す、或いは保障を大きくすることによって避けることができます。見直すことによって、保険はいざという時、本当に自分や家族を助けてくれるものになります。これが保険を見直すメリットでしょう。

生命保険の見直し

今や生命保険に加入していない人を探す方が難しくなっているくらい、ほとんどの方が生命保険加入者だと思います。しかも加入先は日本の生命保険会社のみならず、外資系の生命保険会社や損保系の会社まで多種多様です。

また個人年金保険のみ、医療保険のみ、終身保険のみ、がん保険のみといったように、単品で、最も掛け金が安い、満期時の増え幅が一番大きい、値段と内容のバランスで最も自分のニーズに合っている、保障内容が気に入ったなどと思われるものを別々の会社で単品で加入している方も多いでしょう。このことは、裏を返せば保険会社のお客様争奪戦が大変過酷であることを物語ります。

最近では、お客様フォロ―という名目で、例えば年に一度のご契約内容の確認やお手続きお助け隊などの名称で、お客様にお会いする機会を作ろう、多くしようと、各社とも必死だと思われますが、それは保険を提案する機会を増やすためのきっかけ造りになっていることは事実でしょう。現にそのたびに「今までにない発想の保険を販売しました、ご加入をご検討下さい」とか、「今の保険だと古いので新しいものに見直ししませんか」と言われますね。

では保険を見直すのは得なことなのでしょうか?あるいは損なことなのでしょうか?保険を見直す際に損をしないためには何に気を付ければよいのか、それについて考えられることをまとめてみようと思います。保険の見直しをお考えの場合は、まずはそのメリットや注意点を知っておくことです。